永久脱毛で安い料金だけに注目する人は結局大損する

永久脱毛をする際に始めにどのクリニックにするか迷うと思います。この時、脱毛料金にばかり注目してクリニックを選ぶ人と、料金だけでなく脱毛マシンの種類やアフターケアの内容、これまでの実績(症例数)、接客対応の質、トラブル発生時の対処の有無など総合的な面から見て選ぶ人がいます。

今の私は後者のタイプですが、前者の料金が安いかどうかにばかり注目するタイプだと結局、お金の面でも脱毛効果の面でも時間の面でも後々損をしている人が多いように感じます。

何を隠そう、以前の私自身が前者のタイプだったのです。今でも本当に後悔しています。永久脱毛は大金がかかる治療なので、きちんと総合的な視点で見て決めた方が料金的にも脱毛効果的にも満足できると思います。

私の脱毛失敗経験はエステでのお話ですが、クリニックの永久脱毛でも同じことが言えます。当時の私は、脱毛効果などの重要な事は全く調べず、料金が安いかどうかや友人の紹介だからといった安易な理由だけで決めてしまい結局、総額100万円以上も損をしました。

私はその経験から学び、今ではきちんと総合的な視点から選ぶタイプに変わることができました(^-^)

(私の脱毛体験談が気になる方はこちら→「Booちゃんの脱毛失敗体験談!」)

じゃ、
脱毛料金が安いかどうかばかりに注目するとどんな損があるのか?
かなり安い脱毛クリニックは本当に大丈夫なのか?
今回はそれを詳しく見ていきたいと思います!

安い脱毛料金はこうやって作られている

料金が安いのには必ず理由があります。

脱毛料金が異常に安いクリニックの中には、以下の10個の理由でコストを抑えている可能性が非常に高いです。以下の理由でコストが抑えられていた場合、結局その抑えた分の悪影響を被るのは治療を受ける側の私たちです。

中には本当に企業努力をして安い料金を実現しているクリニックもありますが、そんな素晴らしいクリニックは極わずかと考えた方が賢いと思います。

それでは実際にどのような理由があるのか、それをやるとどの様な悪影響があるかを確認していきましょう。料金が異常に安いクリニックの場合は以下の項目にいくつも該当している可能性があります。また、料金が安いかどうかに関わらず、どんな脱毛クリニックでも以下の項目に該当していないかを確認することを是非、是非、是非おすすめします!

脱毛料金が安い危険な10個の理由

1.とにかく様々な面で人件費を抑えている
看護師やカウンセラーなどスタッフの脱毛治療に関する教育や照射トレーニングなどを全く行わないため、照射漏れや火傷の確率が高くなります。また脱毛効果も低くなります。

2.脱毛マシンのコストを抑えている
脱毛マシンを古い物を使うことでコストを抑えています。古い脱毛マシンは脱毛効果が低いだけでなく、痛みも強い物もあります。麻酔を使えば別料金が発生しますし、そもそも脱毛効果が低ければ施術回数も増えるので、その分の料金を考えると結局は高くつく可能性もあります。新しいマシンなら5~6回で済むのに、古いと7~8回かかるなんて事も・・・。

3.脱毛マシンの数を少なくしコストを抑えている
これも安い脱毛クリニックによくあるパターンです。脱毛料金が安い代わりに、脱毛マシンを1台しか置いていないパターンです。マシンが1台しかない分、脱毛料金は抑えられますが、台数が少ないので結局予約がとれないことが多いです。これでしかも脱毛マシンまで古かったらもう最悪です。

安い料金を売りにしているクリニックは後先考えずにとにかく必死に契約を取るクリニックが多いです。その闇雲な営業のおかげで患者は増えますが、マシンが1台しかなければ1日あるいは1ヶ月で施術できる人数は限られてきます。その結果、予約が全然取れない状況に陥ります。クリニック側はその状況を改善すべく施術時間をなるべく短縮しようとしますが、慌てるあまり照射漏れ熱量の設定ミス(=火傷や脱毛効果が低くなる原因)などが起こりやすくなってきます。

そして結局、そのお粗末な一連の対応に耐え切れなくなった多くの患者が途中で解約する羽目になる。特に年間フリーパスなどで契約させておきながら、予約が取れずフリーパスの期限が切れるなんてこともあります。そうなっても途中解約にも応じない、あるいは応じても返金はしないクリニックもあるので注意が必要です。

4.接客が不親切、不誠実
これは脱毛治療にも影響を及ぼす可能性は高いと思います。患者を患者として捉えておらず、ただの金づる的な感覚で捉えている可能性が高いです。患者の身になって悩みやコンプレックスを一緒に改善していこうという意識がありません。「どーせ他にも患者はいるし、クリニックだから嫌でも通うでしょ」、あるいは「こっちはお医者様だぞ!天下の病院様だぞ!」というどこにでもある典型的な悪い体制の病院です。不誠実な対応に文句でも言おうものなら、予約が取り辛くなったり、照射漏れがあっても対応してもらえないかもしれません。それが嫌で途中解約しようとしても応じなかったり、応じても返金してもらえなかったりするかもしれません。

対応が不親切、不誠実なクリニックは施術面やその後の対応面でもその姿勢が現れる可能性は高いです。

5.アフターケアが全くない
施術直後に照射箇所のクーリング(冷却)や炎症箇所に薬を塗るなどのアフターケアがないケースです。内容にもよりますが、アフターケアにも多少コストがかかります。しかし、アフターケアをしないと火傷や色素沈着などの可能性が高まります。ちなみにこういったアフターケアをしないクリニックは、自分たちのミスで火傷をさせたとしても、治療費を請求してくる場合があります。そして火傷などの跡が残っても一切対応してくれないかもしれません。顔に火傷の跡が残ったらどーすんだっ(@山@+ 怒

私の彼もヒゲ脱毛をした際に、アフターケアのないクリニックに当たりました。何もアフターケアがなかったため、翌日には火傷の様な状態になりました。そして後日、施術した医者に診せると「じゃ薬だしとくね」の一言。しかも治療費も薬代も全て実費だったそうです(--;

6.照射漏れを訴えても医者が診察に応じない
安いクリニックにありがちですね。照射漏れはクリニック側のミスと捉えているクリニックが多いので、再照射を無料で行っているクリニックは多いです。例えば、美容室で髪を染めたのに染まっていない部分があれば後日無料でやり直してもらえますよね。そんな感じです。クリニック側からすれば、ただでも安い料金でやっているのに、無料で再照射するなんて人件費やその時間は他の患者を施術できない事を考えれば、当然赤字なので嫌です。だから応じたくないんです。中には「問い合わせても居留守を使われた」という口コミも見た事があります。病院名は明かせませんが、都内です。

7.院内が不衛生
これは脱毛治療以前の問題です。院内が不衛生な場合、脱毛マシン施術台タオルなども十分に手入れされていない可能性が高いです。

8.契約後に何だかんだと追加料金がかかる
これも料金が安いクリニックによくあるパターンですね。特にエステで多い手法です。始めは安い料金を提示しておいて、言葉巧みに徐々に追加で契約をさせようという手法です。私がこれに引っかかりました。結局はトータルで高くつきます。安い料金ばかりに注目している人は、これに引っかかる人が結構多いです。

9.そもそも医師自体が専門家ではない、最悪知識すらない
これは最悪のケースです。永久脱毛治療を単なる金儲けの手段としてしか捉えていないため、片手間で参入してきています。こういったクリニックは脱毛効果、アフターケア、照射漏れ、火傷など全てにおいてリスク大です!百歩譲って片手間でもいいのですが、最低限の知識と技術を持っていることが参入の必須条件だと思います。リスクが高いクリニックに当たりたくない方は、マシンの種類やトラブル発生時の対応、実績や施術内容など料金以外の面も必ず確認しましょう!

10.すぐ潰れる
異常に安いクリニックにはこの理由も考えられます。私も以前に引っかかりそうになった経験があります。もう潰れたので名前を出しますが、全身脱毛の料金をなんと通常料金から7割引もしていたアンジェクリニックというクリニックがありました。

しかし激安期間が終わると同時に潰れました。私も安かったので直接電話で問い合わせたのですが、その時はなぜか男性の方が出ました。おそらくもう既にその頃にはスタッフも辞めていたのでしょう。潰れるのをわかっていて契約をとっていたとしか考えられません。私ももしあの時に契約していたら・・・なんて思うとゾッとします(@山@;;;

アンジェクリニック閉院の詳細はこちら→「驚愕!(@山@;アンジェクリニック閉院!

まとめ&安心安全な安い脱毛クリニックはどこ?

以上の理由で、私は永久脱毛する際は料金が安いかどうかだけでなく、脱毛マシンの種類やアフターケアの有無とその内容、接客対応の質やトラブル発生時の対応など総合的な視点から判断する事を是非おすすめします。

ちなみに私が調査済みのクリニックの中で、質の高い脱毛治療を安い料金で提供しているおすすめクリニックは以下3クリニックです。

  1. 全身脱毛安さNo,1湘南美容外科クリニック
  2. 全身脱毛お得No,1クレアクリニック
  3. 部位別脱毛安さNo,1アリシアクリニック

安い脱毛料金には必ず理由があります。その理由が納得できるものか確認することが大切です。それが結果的に損をしないことに繋がります。